ペニスサイズは生まれつきなのか?

文字サイズ

食事改善でチンコを大きくできる?

実現するときにはなにもメンズサプリやチンコ増大器具を使う必要もありません。食生活や睡眠などでも増大を目指すことができるのです!

食事で増大に貢献する

食生活というのは増大の基礎作りでとても重要な項目です。

漢方系のトンカットアリや高麗人参などの精力増強成分は普段の食事でも取り入れることが難しいと思います。

以上のような理由から、ここでは比較的手に入りやすくて食事にしやすいものを中心に紹介していきたいと思います。

脂肪分の少ない肉

牛肉や馬肉などの赤身の部分にはタンパク質が豊富に含まれていますし、ミネラルや鉄分なども豊富に含まれているので肉体を作るためには欠かせない食材です。

鉄分は血液のもととなるのを知っている人も多いのではないでしょうか。肉類のタンパク質には良質なアミノ酸がバランスよく含まれているのでぜひ摂取しておきたいものです。

ですが、脂肪分が多い肉は体脂肪を増やしてしまうのでタンパク質が多い赤身の肉を使いましょう。

体脂肪が増えると血行も悪くなることがあるので逆になってしまう危険性もあります。なので赤身肉がおすすめなのです!

大豆製品

納豆などの大豆食品はタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているので、毎日食べておきたい食事です。

他には、納豆は全身の血流促進を改善してくれる効果があるので、近づけてくれます。

血流がよくなると言うことはパワーアップにも効果を発揮してくれます。

牡蠣

牡蠣は数ある食材の中でも一番亜鉛が多いと言われています。亜鉛は直接的なありませんが、精子の生成に欠かせないミネラルです。

また、味覚細胞の向上や新陳代謝を上げたり、免疫力の向上に役立ったりと人体にいろいろな効果を発揮してくれるミネラルです。

ゴーヤ

こちらのページでも紹介しているシトルリンは日本人がスイカの中から発見したアミノ酸です。

シトルリンはスイカにもっとも多く含まれていると言われています。スイカ以外にもキュウリや瓜などにもたくさん含まれているので、比較的普段の食事から体内に取り入れやすい増大に必要な成分といえるでしょう。

上記で解説できなかった食材にも精力のパワーアップに貢献してくれる食品はたくさんあります。

ウナギや梅干しやアスパラなどがそれにあたります。大切なのはこれらの食品をバランスよく食べることです。

肉がタンパク質やアミノ酸が多いから肉ばかり食べるということではなく、バランスよく全体的に食べることがとても大切です。

毎食すべての素材を満たそうとすると大変なので、テーマを決めてその食事だけをとるようにしましょう。

その中で、1ヶ月単位で上記で説明したようなシトルリンやタンパク質などをたくさん摂取できるようにしていくと効果があると思います。

熟睡できる環境

睡眠不足になると以下のような状態になります。疲労が回復しづらくなる、ストレスがたまって発散できない、免疫力が下がる、血行不良になる。

他にも、睡眠時間が足りていても、質が悪いとホルモンの量が少なくなったりということもあります。

睡眠不足は老化の原因にもなりますし、血行が悪くなったりストレスは勃起力の低下にもつながったり、中折れの原因にもなったりします。

では、睡眠の質はどうやってあげればいいのでしょうか。時間で言うと7時間以上の睡眠が大切です。

睡眠の質を上質なものにするためには22時くらいに寝るようにすればいいといわれています。

この時間帯に睡眠に入っているのが理想的です。日常生活でもなるべくストレスをためないというのも睡眠の質の向上に役立ちます。

また、睡眠の直前までスマホなどの光をみていると、睡眠を誘導するメラトニンというホルモンが分泌されにくくなってしまうと言うデメリットもあります。

寝る1時間前までにはスマホやパソコンなどをやめて、熟睡できる環境を整えておきましょう。こういうことを継続的にやっておくことにより、成長ホルモンが分泌されやすい体になってしやすい体にもなることができます。

運動をする

普段から運動をしていないと、血流の循環が悪くなってチンコへの血流量も悪くなって遠のくという悪影響があります。

肥満の人はEDを発症している人が多いのは、運動不足によることが多いと言われています。逆に言うと普段から運動を心がけている人は精力が高いといわれています。

血流の流れをよくすることにより、細胞の血液が集まりやすくなるという好スパイラルな環境を手に入れることができます。

運動の種類としてはジョギングやウォーキングなどの有酸素運度が一番おすすめです。有酸素運動は血流の循環を促すことにより毛細血管の働きを強めることができます。

血流を行き渡らせるには、スクワットなどの下半身の筋肉を鍛えるトレーニングもおすすめです。

スクワットをしておくことにより、PC筋といわれている筋肉を鍛えることができるので勃起力のパワーアップにもつながります。

アルコールをとらないようにする

着実なものにするためには、運動をしたりするだけではなくタバコやお酒をやめるというのもおすすめです。

以下には、タバコとアルコールがどういう悪影響を及ぼすのかについて解説していきたいと思います。

適度なお酒は血行促進効果があるので、いいのですが、飲み過ぎはよくありません。

肝臓でアルコールを解毒するときにエネルギーを大量に消費するので、他の人体の機能に不具合が生じ頭痛などがおきるといわれています。

また、アルコールを飲み過ぎたときはせっかく女性といい雰囲気になってベッドインしても勃起しなかったりというリスクもあります。

女性と一夜をともにするためにはアルコールが必要なこともありますが、適量がちょうどいいと思います。

次にタバコですが、タバコは血流量が悪くなると言われています。

毛細血管の血流量が悪くなると言うことは、勃起力への悪影響も懸念されます。

タバコを吸ってアルコールも飲んでいる人はのんでも効果が半減してしまいます。

お酒は適量にして、タバコはすわないようにすれば勃起力のパワーアップができるでしょう。

ペニスサイズは生まれつきなのか?

男の自信を大きくするためにはペニスが小さい原因を知りましょう。ペニスが小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

そもそもの体質

ペニスが小さい一番の原因としては生まれつきの体質ということがあります。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここで言う体質というのは生まれつきのペニスサイズのことを指しているのではありません。

ペニスの大きさがそもそも決まっているのではなくて、ペニスの成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません

筋肉が不足している

おなかの下の方の筋肉が弱い人などがペニスが小さいと言われている原因はペニスにつながっている筋肉が不足しているからです。

ペニスというのはPC筋とおなかの下の方から伸びている筋肉と海面体細胞で構成されているのです。

勃起状態というのはペニスを構成しているPC筋が緊張状態になることによりペニスが反り返ることにより勃起状態になります。

このペニスを構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起ペニスではなくへなへなしたペニスになってしまうということです。

ペニスを構成しているPC筋などの筋肉を鍛えることにより、下腹部の脂肪分を減らして、ペニスをそそりたつギンギンペニスにすることができるのです。

ペニスに皮がかぶっている

包茎状態というのもペニスを小さく見せてしまっている原因の一つです。包茎というのはペニスの先端に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭に皮が被っているのは当たり前のことですが、思春期になって大人になるにつれて徐々にペニスの皮がむけていって、大人のペニスになっていきます。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎というのは、普通のペニスの時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

上記のように包茎というのはいくつもタイプがありますが、すべてに共通していえることは皮が被っている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男の自信にはマイナス要因になってしまうのです。

包茎のペニスと正常なペニスでは数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎の人はまず包茎を治すことによりペニスが少し大きくすることができます。